初恋ゾンビ感想まとめ

初恋ゾンビ関係まとめてます

154話 変化 初恋ゾンビ イヴノート(感想)

初恋ゾンビ (14) (少年サンデーコミックス)

153話 初恋ゾンビ イヴノート(感想)

152話では指宿くんがイヴはタロウの事を本当に愛しているなら、タロウの寿命を縮ませることはできないはずだと死の宣言を行い、サブリミナル効果でイヴはタロウが死んでも自分本位で傍にいる悪魔という話になりました。

イヴへの酷い扱いにまともに考えていたら、頭がおかしくなりそうなのでイヴ同様離れて考えないようにしていました。

153話ではイヴの存在がタロウの寿命を縮めるという話を聞いてない状態でイヴは138話同様指宿くんを女だと認めない意向を示しました。

タロウの傍にいるため。

タロウの寿命の話がないものと考え、指宿くんの願いであるタロウと好きあう事と相反してしまいますが、誰かを押し出しても、イヴにも幸せになる権利があるので、イヴの考えない宣言を支持したい。


しかし、この後、指宿くんに自分の存在がタロウに死を至らせしまうと伝えた事が予想され、イヴの成長である証の着替えをしなくなります。自分がタロウを好きになったら、タロウが死んでしまう。


私はイヴのタロウを想う心は大事にして欲しいからそれはそれとして良いと思う。


だけど、そもそもイヴの存在がタロウの死に至らせてしまうか確実性のない話では祟太郎も指宿くんも初恋ゾンビの生態推測を外しているのでタロウの体がどうなるか分からないが本当です。


タロウは死なないと言っているから、その言葉を信じるしかありません。


イヴが初恋ゾンビで人間ではないから、恋が叶わないとお涙頂戴悲劇確定にするのは話として安易すぎる。

多様性が叫ばれてる今の世論にもそぐわず、お互い好き同士であれば、理不尽な障害、最初からゴールのない話にしないで生み出した責任を持った話にして頂きたいです。



152話 禁断の果実 初恋ゾンビ イヴノート(感想)

私はタロウのことが好きなイヴが好きなのですが、152話では本当にイヴはタロウのことが好きなのか問われる話になりました。

指宿くんが女であることを心を隠している間、イヴはタロウの心の支えになった。
だけど自分の存在によってタロウの命を脅かすこととなればイヴはタロウを解放すること、つまり、好きなタロウのために死ねるか。

私はタロウが好きなイヴが好きで、その生き方を貫くのであれば、イヴはタロウのために死ねる。タロウと好き合うためなら、タロウが死んでも構わない自己本位なイヴはイヴではないとさえ思う。しかし…

私はイヴが好きで消えて欲しくない。

152話ではイヴ浄化へ向けての道が示され、一歩ずつイヴの死が近づいてきています。
イヴが消えてしまうのは自己犠牲の愛と言えるかもしれませんが、浄化はイヴのタロウを愛する気持ちの否定と私は見なします。初恋ゾンビは愛を否定する作品になって欲しくないと願います。



151話 奪われたイヴ 初恋ゾンビ イヴノート(感想)

指宿くんはイヴを昇華して殺そうとしているのになぜイヴは指宿くんを庇うのだろうか。

一時的に指宿くんから見えなくなって悲しい思いをしたからイヴにとって大切にしたいという気持ちはあるでしょうが、イヴだけでなくタロウにとっても大事な存在でもあると考えているからです。

みさをファンクラブから襲われた時も庇っていました。イヴはタロウの指宿くんを想う初恋でできているから。

だけどイヴはただの初恋ゾンビだけでありません。触れられない誰からも見えなくてタロウの彼女としてなにもしてあげれない事に心を傷めるタロウを想う心があります。

山登りでタロウが崖から落ちた時に指宿くんにタロウを託したのもなんにもできない自分より指宿くんが傍にいた方がタロウのためになると考えられる究極の好きな気持ちを第一に表せられる子です。

もう1人のイヴは自分から解放した方がタロウは幸せになると考えている象徴で葛藤なのでしょう。

それができないのはタロウが心を持ったイヴを想う気持ちがあってイヴを失うことでまた別れの日のトラウマを蘇らせてしまうのもありますし、なによりイヴに自分ができたからタロウが好きで離れられない。


初恋ゾンビのままのイヴを好きになって欲しかったけどタロウは女に触れる執着を捨てられないからタロウの幸せを願う気持ちからイヴは自ら浄化への道を辿ります。


だけど私はイヴが好きで消えて欲しくない。命すら惜しまないタロウを想う気持ちによる成長によって人間になりイヴは幸せになって欲しいと願います。



🎄祟太郎

やたら祟太郎の結婚指輪が強調されていたのは、夫婦というより家族の絆を表しているようです。

家族をないがしろにして初恋ゾンビを追い求めると思われている祟太郎ですが、深層心理では親として妄想であるイヴにのめり込むタロウを心配している。

だからタロウを返せ。

黒イヴも自分と付き合うよりか人間の女の子と付き合った方がタロウは幸せだけどタロウはイヴを消えて欲しくないと思っているのとイヴが心を持ってタロウが好きだから離れられない。


家族の絆を引き合いにしてタロウとイヴを引き離そうするのは嫌だ。

タロウにとってイヴは家族同然なのに。

ヒメゴトを描かれているので作者はマイノリティ理解があるように思われがちですがヒメゴトは結局マジョリティエンドで実は保守的な考えの方なのでこのまま進んでしまってはタロウからイヴは引き離されてしまう。

妄想と恋をしても誰に迷惑かける訳ではない。

誰になんと言われようとも本能に抗ってもイヴのタロウを想う気持ちは素敵だから恋を成就して欲しい。




149話 リビングデッド 初恋ゾンビ イヴノート(感想)

イヴは指宿くんから見えなくなって悲しんでいるのに指宿くんは発情してキスしようとして指宿くんもだけどそれを喜んでいる読者は腹立たしい。

イブスキーは指宿くんがイヴ殺しを容認してる共犯でエビナーは自分達のヒロインが脱落するのに何一つ一矢報わなくて指宿くんに日和る腰抜けですからね。

キスぐらいで何もかも上手くいく訳ないであろう読者の頭の中にリリスエンジェルが湧いているのだろう。

 


都合の悪い事は誰も触れないから言いますけど、やはり指宿くんはイヴと決別する意思を明らかにしました。

イヴを見たくないのは指宿くんの意思によるものです。


相手が話すら拒絶するのに和解はありえない。

殺されるぐらいなら、命を懸けて、タロウへの愛を訴えたいと考えました。

[https://twitter


今のイヴは自我芽生えて、タロウを奪われたくない一心で嘘、隠し事をしてる私心の段階だけど、山登り回、昇華への気持ち、女の子だったら良かったから、タロウの幸せを第一に願う気持ちも育っていて、成長によって得られた自我を超えて、人のためタロウを思う公の精神を体現すればさらなる成長を遂げて人間になれると考えています。


勿論、法則通りに浄化してしまうかもしれません。



キスぐらいで死ぬのではなく愛するタロウのために死ぬ覚悟のあるイヴに報われて欲しいです。




148話 閉ざされた部屋 初恋ゾンビ イヴノート(感想)

指宿くんはイヴを昇華、殺そうとしてるぐらい憎んでいるので見えなくなってしまうのは必然だと考えていました。

しかし、その考え方はイヴに寄り添っていませんでした。
人との関わりを断たれるのも殺しも同然。
人との関わりが断たれたら社会的な死と言われます。
私はイヴを殺そうとする指宿くんとの関わりは避けたかったのですが、もっとイヴの気持ちに立って、初恋ゾンビが見えなくならなくていい方法を考えてあげれば良かった。

だけど、女で初恋ゾンビが見えてる状態では普通に生きていけない。

初恋ゾンビが見えなくなる方法でエッチが言われていますが、では、イヴが指宿くんから見えるようになるためどうすれば良いか考えたら人間になるしかない。

イヴは成長によって触れたり着替えたりできなかった事ができるようになってきているが、同時にタロウの負荷も伴うので、タロウの苦しむ事をイヴはできない。

それではタロウでなくイヴへの負荷であれば人間になれるのではないでしょうか。

何をもってイヴの負荷になるかと考えたら、触れられない、誰からも見えない自分が消えてもいいからタロウの幸せを願って、指宿くんと結ばれるように導くことだと思う。

イヴに危ない目にあって欲しくないので、129話の約束通り初恋ゾンビのイヴを好きになって欲しかったのですが、タロウも指宿くんも読者も誰もがそれを認めない。

自分がどうなってもタロウには幸せになって欲しいという、私心を超えた公の精神になってイヴは真実の愛に辿りつける。

147話 キスの後遺症 初恋ゾンビ イヴノート(感想)

タロウが自分を救うために掴んでくれた手を愛おしそうに見つめるイヴ。良かったね。また一歩タロウに近づけたね。おめでとう。また、あなたが微笑んでいられるよう願うよ。


あの時の何かはタロウとの別れを表しているのかな。

そんな悲しい結末をタロウに伝える必要はない。

ただ悲しませるだけ。

いくら好きな相手でもいや、好きだからこそ隠し事の一つや二つあるさ。タロウだってイヴがつらい思いをしてまで秘密を打ち明けるのは望んでないし、隠し事があるからと言って愛が偽りになる訳ではない。

イヴは自覚してないのだろうけど自分で着替えはできるけどタロウに着替えさせてもらった方が喜ぶからできないフリをしたり、タロウを悲しませないため心配させないためにつらくても笑顔でいたり。

それはタロウを想っての優しい嘘。

隠し事をするのはつらいだろうけどそれはあなたが大人に成長するために必要な道筋。

しっかり向き合って。あなたならきっと乗り越えられる。


146話 恋焦がれて… 初恋ゾンビ イヴノート(感想) - 初恋ゾンビ感想まとめ http://hatukoizombimatome.hatenablog.com/entry/2018/10/19/055716


体を張ってイヴを守ってくれたタロウは本当に有り難かったけどイヴに触れた事に固執してて不安になりました。触れた事は関係の進展ですが負荷を伴う以上不用意に触れることができません。

期待するも触れなくて人肌恋しくなってまた指宿くんに浮気しないか心配です。

読者にお聞きしたいけど純愛がエロに負ける話を読みたいのですか。エロが人の本質だった(ドヤァ みたいな鍛えれた変態と言われていいの?

ワタシは好きじゃないな。

せっかくならハッピーエンドのお話にしようよ!





キスのせいで指宿くんはイヴが見えなくなりましたが、私は納得しました。それは必然でそうなるだろうと。

読者はみんなの幸せを望んでいて何も争いなんてない平和ボケですが。

指宿くんはタロウがイヴと共に過ごすと言われた日からイヴを昇華、イヴ殺しを目論む宣戦布告をした戦争状態が続いています。

元旦のトラブルも指宿くんがイヴ殺しに動いた結果です。


130話 暗黙の約束 初恋ゾンビが見えなくなる方法 三人一緒 考察 イヴノート - 初恋ゾンビ感想まとめ http://hatukoizombimatome.hatenablog.com/entry/2018/06/23/074916


初恋ゾンビの見える能力は頭突きやキスと言った接触だけでなくその人の心理状態も反映されます。正に初恋ゾンビのように。

やれ妹だ。女体嵐からイヴを守るともっともらしいことを言ってますが、江火野さんからイヴのことを揶揄されたら、反論せず認めて赤面したり。

指宿くんはイヴのカラダの変化を見るに耐えられなくなった。

タロウを好きになる障害であるイヴには昇華、殺したい。

その深層心理がキスによって能力に反映されイヴが見えなくなったと考えられます。






イヴにとってタロウ以外で唯一相談できる相手である指宿くんが見えなくなったショックが心配です。

でも、指宿くんはイヴを同化しよう、殺そうとしていたから、殺される前に関係が断たれて良かったと思います。


ただイヴは強い子だから心配はしていませんが、龍姫編の時に誰も見えないイヴと2人で過ごすのは怖いと言ったタロウです。

イヴは完全に別個体なのはタロウも認識していますが、やはり誰からも見えないから、社会から見れば孤独でタロウが孤独に耐えられるかが気掛かりです。


指宿くんがタロウのことが本当に好きならば、指宿くん自身の好きを優先させないでタロウとイヴを支えて欲しかったです。


祟太郎は逃げても追いかけてくるから向き合わないといけません。指宿くんはイヴが見えないから、タロウが対峙するになりそうです。

祟太郎は初恋ゾンビ固執してるけどそこには愛がなく本当の愛は身近な家族にある。まさに青い鳥。

初恋ゾンビでも似た話があり、指宿父もそうですよね。初恋のために家族を捨てて。タロウが指宿くんに惹かれるのもそうです。大事なイヴがいるのに。

だけど指宿父もタロウも本当に大事なのは誰かと気付いたのだから祟太郎も本当の愛に気付く事を願います。


指宿くんはラッキーキスではなくタロウとの関係にしっかりけじめをつけないと初恋ゾンビが見えなくならなさそう。


タロウとイヴは周りのトラブルが解決すれば、タロウしかイヴが見えなくても、その内慣れてくると思います。

ただタロウとイヴの初恋ゾンビを通じた関係はタロウの影響下を受けない理由でのイヴ実体化して欲しいと願います。

成長を続ければいずれ叶うかな。叶いますように。



男だと偽ってタロウを好きな気持ちを隠す指宿くん。

男装のせいで自分に自信がなく女だと打ち明けられなかったのですが、タロウは指宿くんが女の子だったら良かったと苦しむことになる。127話イヴの本音はタロウの苦しみを伝える。

だけどイヴ自身の浄化もタロウを苦しめることにもなる。

何よりもイヴはタロウが好きで離れられない。

イヴを1人の女性として認めてくれるのは有り難いけ仲良くして欲しかった。初恋ゾンビは公と私を問われる作品ですね。


🎃イヴが隠したがってるのは何か。


イヴが146話で光明?みたいのに向かって行った時、タロウは丁度別れの日の回想をしていて、リリスとのキスを果たしたから、あれは初恋成就しそうになったの表していて、イヴが抗ったと解釈しています。

なので、タロウに言うのは疑うことになって攻めることになり、まだ指宿くんへの気持ちがあるのを気づかせてしまう事になるから言えない。


113話「嘘と本当と約束と…」初恋ゾンビ 感想 - 初恋ゾンビ感想まとめ http://hatukoizombimatome.hatenablog.com/entry/2018/02/16/011250


指宿くんに言えば初恋成就すれば自分が消える牽制になる。


初恋ゾンビ 13巻 感想 イヴノート - 初恋ゾンビ感想まとめ http://hatukoizombimatome.hatenablog.com/entry/2018/09/18/232340


キョウコがやたら鏡子にこだわっていたのは正太郎の鏡子への想いを感じるからなんですね。

それはイヴも同様でそもそもイヴの存在自体がタロウの指宿くんへの想いそのもの。

タロウも理屈として分かってるはずだから、指宿くんへの未練を残している。

イヴにとっては自分の存続のために好きな人が他の女の子に惹かれないといけないつらい恋ですが、つらかった分報われたらいいですね。