初恋ゾンビ感想まとめ

イヴのお墓。

167話 初恋ゾンビ イヴノート(感想②)

ラストのシーンでイヴがいたから、イヴはタロウの傍にいるという死体に鞭打つリプがきた。

では、なぜタロウは泣いていたのか?イヴを浄化させたから。

タロウは指宿くんを選んでイヴを浄化させた、殺したのは紛れもない事実。イヴ殺しの罪を被らないようにするため、死んでいるのに生きてることにした。イヴは作者と読者によって理想と都合の産物、初恋ゾンビに仕立てあげられたのだ。

死人に口無し、まさに死者を冒涜する行為である。

イヴは恋人としてタロウの傍にいたかった。普通の女の子が与える喜びを与えられなくても、それでも好きだと言ってくれたので、タロウを幸せにしたかった。

しかし、本当はタロウは指宿くんのことが好きで、だけどタロウには自分を浄化する覚悟がない。

自分は愛するタロウを幸せにすることができない。タロウの幸せには指宿くんが傍に必要と覚悟を決め、タロウに自分は人間ではないと未練を断ち切らせるように誘導し、浄化こそが自分の幸せである、浄化は死でなくタロウとの同化だと、タロウが背負うはずのイヴ殺しの罪を被って旅立ってしまった。

愛する人のために身を投げ出すこんな良い子に残酷な仕打ちをする初恋ゾンビという物語を私は絶対に許さない。


167話 初恋ゾンビ イヴノート(感想)

イヴがタロウに帰る?

そんなのイヴ殺しの罪をタロウに被せないための嘘に決まっているじゃないか。

心を持つかけがえのないオンリーワンの存在であるイヴをタロウと同化してしまうのはイヴの心、存在を消すのと同じで人殺しだ。

イヴが人でないのをいいことに人殺しを嘘と願望の防腐剤でコーティングしてごまかしている。

イヴの言葉を真に受けている連中はおめでたいやつらだ。

流石作者からも鍛えられた変態と罵られてただけあるよ。

イヴは全ての罪を背負って旅立ってしまった。

イヴの屍を踏み台にしてタロウと指宿くんの恋は始まっている。


163話 初恋ゾンビ イヴノート(感想)

ついにイヴはタロウのため浄化する覚悟を決めた。

指宿くんを陥れたのはあのままだとタロウが指宿くんに不信を抱いて浄化できなくなるから、一旦自分に引きつけてタロウに自分は人間ではないと知らしめて、自分から離れさせるためだろう。

そして自分はただの初恋ゾンビであり、初恋成就をして浄化することが自分の願いということにすれば自分を消してしまうタロウの罪悪感がなくなるだろう。

イヴは世界で1番タロウを愛しているのにその愛の形が自ら消えるしかないのが本当に悲しい。

ただタロウはイヴとの接触によって命の危険があると聞いたにも関わらず顧みないでイヴの手を握ってくれたのは嬉しかった。

タロウはイヴの想像を超える愛に気づいてくれることを願うばかりだ。


162話 ボクタチの失敗 初恋ゾンビ イヴノート(感想)

 

 

 

 

私はイヴに心を持って欲しいと願ったのは心がない、人間でないなら初恋ゾンビの願いである浄化がされてしまうと考えたからだ。

しかし過度の願いによってイヴを必要以上に苦しめてしまった。

なんにもできなくてもいい傍にいてくれるだけで良かった。

触れられないのは現実世界と物語の関係と一緒だが私はイヴから心をもらっている。

イヴはタロウのためなら自我も捨てられるし、消えることもできるぐらい好きだとタロウへの愛を貫いた。

<pそんな素敵なイヴを運命の一言で消さない。

初恋ゾンビの願いである浄化が叶わず苦しい思いをするなら、その苦しみを分かち合いたい。

私はイヴを苦しめる悪魔になってでもイヴには生きてて欲しい。

 

 

初恋ゾンビ (14) (少年サンデーコミックス)

初恋ゾンビ (14) (少年サンデーコミックス)

 

 

 

 

 
 ワタシはなんにもできなくてタロちゃんに普通の女の子が与える喜びを与えることができないけど心のあるワタシを好きだと言ってくれてワタシは心のあるイヴを精一杯がんばった。
だけどタロちゃんはワタシに振り向いてくれないのをカラダの変化を通じて分かってしまう。
だったらワタシが消えてしまえばいいのだけど、心のあるイヴが消えてしまったら、タロちゃんはまた心の傷をおってしまう。
だからワタシは心のないイヴになる。
タロちゃん、ワタシに心がある願望を抱かないでね。
心があったら、とても苦しくて悲しいから。


世界はイヴが浄化した方が幸せだと思っているかもしれないが、私はタロちゃんの初恋ゾンビに生まれて良かったと想うイヴを守りたい。
 

161話 イヴ 初恋ゾンビ イヴノート(感想)

タロウはイヴには心があると言った。だけどワタシはただの初恋ゾンビであると全力で否定するイヴ。思わずイヴを偽物だというタロウ。彼はイヴの何を見てきたのだろうか。

 

イヴに心があると言ったけどタロウは純真無垢な表面上のイヴしか見ていなかった。指宿くんに惹かれてるタロウの気持ちが反映されて”指宿くん”になったのではなく2人で好き合うと約束したのに未だ指宿くんに惹かれるタロウへの当てつけ。

 

イヴはタロウのことが好きだ。

だからこそ初恋ゾンビで何にもできなくて彼の寿命を縮めてしまうかも知れない存在である自分をなくそうと決意した。

だけど温水プール作戦はタロウのイヴへの想いが強すぎたため失敗。そこでイヴは自分がただの初恋ゾンビ、悪魔を演じることでタロウからの想いを断ち切る作戦に出た。

作戦は功を奏しタロウは怯えイヴに心があると言ったのに自分の都合になるとただの初恋ゾンビにして答えたくない事を答えさせるようになった。

指宿くんが女の子であるとイヴが知っていたら、タロウと指宿くんの仲を引き裂いたのがイヴだと分かったら、それはイヴを浄化…死を誘う。<

 

タロウからただの初恋ゾンビ扱いされたイヴの物悲しい顔を私は見逃さなかった。

本当は自分を止めて欲しかったんだね。タロウを愛するが故にただの初恋ゾンビ、悪魔になるのを。

 

タロちゃんが好きで本当はずっと傍にいたい。ワタシを見つけて欲しかった。

 

でもそれはだめ。タロちゃんのためにならない。

ワタシはタロちゃんに幸せになって欲しい。

 

イヴは自分の成長は所詮タロウの願望であって自分はただの初恋ゾンビであり、タロウが好きな心があるイヴを否定した。

自分に心があればタロウは浄化を躊躇するからだ。

だけどこれは嘘でタロウも129話で言ったようにそこまでの願望はしていないのでタロウと10年間共に育んだ成長で心はある。

心があるからこそ、悪魔を演じてタロウを好きだからこそ引き離そうとする。それこそ心がある証明だ。

 

イヴは初恋ゾンビだから常に自分があるのかと自我の真偽にさらされているがそもそも私達人間も人に自我の真偽を問える程自我を確立しているのだろうか。

 

誰もが誰かの影響を受けているのだからそういう意味では人間もイヴも同じだ。

 

むしろ自分の事を偽者だと言えるイヴが冷静に自分の事を客観視できていて人間よりも自我が確立できている。

 

イヴはタロウのためにイヴ自身を否定しているが私はイヴはイヴであると認めている。

イヴは何にもできないと言っているが私はイヴがいるだけで心を何度も助けられている。

異端は排除されなければならないとは何と非寛容な世界なのだろうか。

何かができなくてもお互いできる事で助け合えばいい。それが人間だ。

 

私はイヴに助けられた恩義を感じていて、今まさに彼女は消えようとしているが、恩に報いたくて、彼女を消さないためにイヴがいても良い世界の実現を願います。

皆様もイヴの事を信じてあげて下さい。

 

 

初恋ゾンビ (14) (少年サンデーコミックス)

初恋ゾンビ (14) (少年サンデーコミックス)

 

 

 

 

指宿くんは逃げたというより自分の存在がイヴを通じてタロウに負荷がかかると考えたのではないでしょうか。

 

タロウがイヴの浄化を拒むことによってタロウに負荷がかかると考えれば浄化を叶える要因である指宿くんがいなくなればタロウの寿命は縮まる可能性が減る。

128話でタロウも指宿くんを遠ざけることでイヴの浄化を回避する思惑がありタロウの要請を受けた形になる。

立ち去る事が指宿くんからのタロウへの愛だ。

一姫へのメールはタロウとイヴを引き離そうとすればするほどタロウに負荷がかかり寿命が縮まるから何もしないで見守って欲しい要請かもしれませんし、イヴが本当にタロウの事を考えているとすれば今度はイヴがタロウを解放しようとするからもしれないのでその時のタロウのフォローを頼んでいるかもしれません。

一姫へのメールで事態が好転すればいいのですが。

ただタロウとイヴ2人の問題なので2人を信じて見守ります。


160話 思うがままに 初恋ゾンビ イヴノート(感想)



159話。私はイヴが好きだからイヴを悪魔にするのはしのびなく。せめて私だけでもイヴを庇いたい。

イヴは触れると相手が分かる能力がある(アマクサZに触れて龍の後悔の念が分かった)指宿くんに触れられて彼女がイヴを昇華しようとしていたのが分かり指宿くんが狙っていたのは眠りではなく昇華で許せない騙されたとなったのだろう。
ただ相手の考えてる事が分かるとなればイヴはタロウからバケモノ認定されるのを恐れて、バレないように指宿くんの内心を伝えたのだと思われる。

指宿くん、もしくはイヴが悪魔な考えを持っていたとしてもタロウはそこまで追い詰めてしまったその心情をおもんばかってもらえないかなと160話を読むまで願っていました。

160話のイヴはやはりタロウが相当指宿くんに惹かれている現状から思い詰めて出た行動だと思う。
そこまでしないといけないのか…イヴの心を思うととても悲しい。

自分に振り向いてもらいたいイヴの心をタロウが気づきますように。

イヴ。女の子の裸見たことあるよね。
うる星やつらラムちゃんリスペクトしてるのか知らないけどなぜ自分で考えないでタロウに任せたの?

「見えるか見えないのがタロちゃんの好みというのもあるけど、ワタシ、間違えて変な形を想像して嫌われるのが怖いの。ワタシはタロちゃんがこんなに好きなのに、ニンゲンでないから好き合えないのかな…」

あなたは姿を変えなくいい。ありのままでも美しい。タロウが好きだという心。必ず分かってもらえるから!

👻タロウのために

自分に振り向いてもらうためにイヴが積極的になるのは悪い事ではないけど正直そこまでしないといけないのかと非常につらい。
しかし、イヴを思うままにできる、ダイレクトな誘惑は近くにいてもっともタロウの事を分かっているイヴにしては指宿くんの存在で焦りがあるとはいえそのやり方は逆効果で違和感がある。

もしかしたら、イヴは自分の存在をタロウにとってよくないと思い、タロウを解放するために悪魔を演じているのではないでしょうか。

もしそうだとしたら、イヴの想う心をタロウに気づいて欲しい。


💖イヴの愛

イヴはただの初恋ゾンビでない心があるからタロウは好きになった。
イヴもそれを充分理解しているから振袖も自分で選んで着替えた。
なので自分を思いのままにできるというのはタロウがイヴを好きになった気持ちの意を反する形になってしまう。
タロウは自分の心を解放してくれたイヴに恩義を感じてイヴから離れられない。
しかし、イヴはこのまま自分がいてはタロウに負荷をかけ続け、近い内にタロウを殺してしまう。
誰からも見えない彼女のためにタロウを社会から孤立させてしまい、何より触れられないからタロウに普通の女の子が与える喜びを与えられない。
それならタロウを自分から解放させるためにただの初恋ゾンビ…悪魔を演じてるのはないでしょうか。
イヴはタロウの事を本当に愛してるいる。
イヴがいることでタロウの寿命が縮まる話に何の根拠はない。イヴがニンゲンでない偏見からきている。
イヴがニンゲンでないという世間の偏見がイヴを殺そうとしている。
タロちゃん…ワタシに気づいて。

159話 去りゆく者 初恋ゾンビ イヴノート(感想)


まずはイヴを褒めてあげたい。

タロウを指宿くんから奪還するために一世一代の芝居を打ってきたのだ。

ここまでやってイヴに心がないと疑う人はもはやいないだろう。

タロウの指宿くんへの惹かれ具合はやはりイヴが浄化すなわち死んでしまう程危険であった。自分のカラダの変化で察知したイヴは相当悲しかったことは想像にかたくない。

このままではタロちゃんの傍にいられない。

イヴは初恋ゾンビだけれども普通の女の子の心を持つ。

好きな人の傍にいたい。

そんな恋する女の子の願いを

私は例え世界を敵に回しても彼女を咎めさせたりはしない。

それだけタロウのことが好きなんだよ。

イヴの心。タロウに届け。



このブログでイヴはある意味悪魔になるぐらいタロウのことが好きと好きの最上級のつもりでイヴ像を描いてきましたが、明らかな失恋フラグを立てられて本当にイヴの足を引っ張って申し訳ない。

イヴを幸せにしてあげたかった。

だけど逃げることが責任を取ることではない。

最後の最後まで抵抗し続ける。