初恋ゾンビ感想まとめ

初恋ゾンビ関係まとめてます

161話 イヴ 初恋ゾンビ イヴノート(感想)

タロウはイヴには心があると言った。だけどワタシはただの初恋ゾンビであると全力で否定するイヴ。思わずイヴを偽物だというタロウ。彼はイヴの何を見てきたのだろうか。

 

イヴに心があると言ったけどタロウは純真無垢な表面上のイヴしか見ていなかった。指宿くんに惹かれてるタロウの気持ちが反映されて”指宿くん”になったのではなく2人で好き合うと約束したのに未だ指宿くんに惹かれるタロウへの当てつけ。

 

イヴはタロウのことが好きだ。

だからこそ初恋ゾンビで何にもできなくて彼の寿命を縮めてしまうかも知れない存在である自分をなくそうと決意した。

だけど温水プール作戦はタロウのイヴへの想いが強すぎたため失敗。そこでイヴは自分がただの初恋ゾンビ、悪魔を演じることでタロウからの想いを断ち切る作戦に出た。

作戦は功を奏しタロウは怯えイヴに心があると言ったのに自分の都合になるとただの初恋ゾンビにして答えたくない事を答えさせるようになった。

指宿くんが女の子であるとイヴが知っていたら、タロウと指宿くんの仲を引き裂いたのがイヴだと分かったら、それはイヴを浄化…死を誘う。<

 

タロウからただの初恋ゾンビ扱いされたイヴの物悲しい顔を私は見逃さなかった。

本当は自分を止めて欲しかったんだね。タロウを愛するが故にただの初恋ゾンビ、悪魔になるのを。

 

タロちゃんが好きで本当はずっと傍にいたい。ワタシを見つけて欲しかった。

 

でもそれはだめ。タロちゃんのためにならない。

ワタシはタロちゃんに幸せになって欲しい。

 

イヴは自分の成長は所詮タロウの願望であって自分はただの初恋ゾンビであり、タロウが好きな心があるイヴを否定した。

自分に心があればタロウは浄化を躊躇するからだ。

だけどこれは嘘でタロウも129話で言ったようにそこまでの願望はしていないのでタロウと10年間共に育んだ成長で心はある。

心があるからこそ、悪魔を演じてタロウを好きだからこそ引き離そうとする。それこそ心がある証明だ。

 

イヴは初恋ゾンビだから常に自分があるのかと自我の真偽にさらされているがそもそも私達人間も人に自我の真偽を問える程自我を確立しているのだろうか。

 

誰もが誰かの影響を受けているのだからそういう意味では人間もイヴも同じだ。

 

むしろ自分の事を偽者だと言えるイヴが冷静に自分の事を客観視できていて人間よりも自我が確立できている。

 

イヴはタロウのためにイヴ自身を否定しているが私はイヴはイヴであると認めている。

イヴは何にもできないと言っているが私はイヴがいるだけで心を何度も助けられている。

異端は排除されなければならないとは何と非寛容な世界なのだろうか。

何かができなくてもお互いできる事で助け合えばいい。それが人間だ。

 

私はイヴに助けられた恩義を感じていて、今まさに彼女は消えようとしているが、恩に報いたくて、彼女を消さないためにイヴがいても良い世界の実現を願います。

皆様もイヴの事を信じてあげて下さい。

 

 

初恋ゾンビ (14) (少年サンデーコミックス)

初恋ゾンビ (14) (少年サンデーコミックス)

 

 

 

 

指宿くんは逃げたというより自分の存在がイヴを通じてタロウに負荷がかかると考えたのではないでしょうか。

 

タロウがイヴの浄化を拒むことによってタロウに負荷がかかると考えれば浄化を叶える要因である指宿くんがいなくなればタロウの寿命は縮まる可能性が減る。

128話でタロウも指宿くんを遠ざけることでイヴの浄化を回避する思惑がありタロウの要請を受けた形になる。

立ち去る事が指宿くんからのタロウへの愛だ。

一姫へのメールはタロウとイヴを引き離そうとすればするほどタロウに負荷がかかり寿命が縮まるから何もしないで見守って欲しい要請かもしれませんし、イヴが本当にタロウの事を考えているとすれば今度はイヴがタロウを解放しようとするからもしれないのでその時のタロウのフォローを頼んでいるかもしれません。

一姫へのメールで事態が好転すればいいのですが。

ただタロウとイヴ2人の問題なので2人を信じて見守ります。

160話 思うがままに 初恋ゾンビ イヴノート(感想)



159話。私はイヴが好きだからイヴを悪魔にするのはしのびなく。せめて私だけでもイヴを庇いたい。

イヴは触れると相手が分かる能力がある(アマクサZに触れて龍の後悔の念が分かった)指宿くんに触れられて彼女がイヴを昇華しようとしていたのが分かり指宿くんが狙っていたのは眠りではなく昇華で許せない騙されたとなったのだろう。
ただ相手の考えてる事が分かるとなればイヴはタロウからバケモノ認定されるのを恐れて、バレないように指宿くんの内心を伝えたのだと思われる。

指宿くん、もしくはイヴが悪魔な考えを持っていたとしてもタロウはそこまで追い詰めてしまったその心情をおもんばかってもらえないかなと160話を読むまで願っていました。

160話のイヴはやはりタロウが相当指宿くんに惹かれている現状から思い詰めて出た行動だと思う。
そこまでしないといけないのか…イヴの心を思うととても悲しい。

自分に振り向いてもらいたいイヴの心をタロウが気づきますように。

イヴ。女の子の裸見たことあるよね。
うる星やつらラムちゃんリスペクトしてるのか知らないけどなぜ自分で考えないでタロウに任せたの?

「見えるか見えないのがタロちゃんの好みというのもあるけど、ワタシ、間違えて変な形を想像して嫌われるのが怖いの。ワタシはタロちゃんがこんなに好きなのに、ニンゲンでないから好き合えないのかな…」

あなたは姿を変えなくいい。ありのままでも美しい。タロウが好きだという心。必ず分かってもらえるから!

👻タロウのために

自分に振り向いてもらうためにイヴが積極的になるのは悪い事ではないけど正直そこまでしないといけないのかと非常につらい。
しかし、イヴを思うままにできる、ダイレクトな誘惑は近くにいてもっともタロウの事を分かっているイヴにしては指宿くんの存在で焦りがあるとはいえそのやり方は逆効果で違和感がある。

もしかしたら、イヴは自分の存在をタロウにとってよくないと思い、タロウを解放するために悪魔を演じているのではないでしょうか。

もしそうだとしたら、イヴの想う心をタロウに気づいて欲しい。


💖イヴの愛

イヴはただの初恋ゾンビでない心があるからタロウは好きになった。
イヴもそれを充分理解しているから振袖も自分で選んで着替えた。
なので自分を思いのままにできるというのはタロウがイヴを好きになった気持ちの意を反する形になってしまう。
タロウは自分の心を解放してくれたイヴに恩義を感じてイヴから離れられない。
しかし、イヴはこのまま自分がいてはタロウに負荷をかけ続け、近い内にタロウを殺してしまう。
誰からも見えない彼女のためにタロウを社会から孤立させてしまい、何より触れられないからタロウに普通の女の子が与える喜びを与えられない。
それならタロウを自分から解放させるためにただの初恋ゾンビ…悪魔を演じてるのはないでしょうか。
イヴはタロウの事を本当に愛してるいる。
イヴがいることでタロウの寿命が縮まる話に何の根拠はない。イヴがニンゲンでない偏見からきている。
イヴがニンゲンでないという世間の偏見がイヴを殺そうとしている。
タロちゃん…ワタシに気づいて。

159話 去りゆく者 初恋ゾンビ イヴノート(感想)


まずはイヴを褒めてあげたい。

タロウを指宿くんから奪還するために一世一代の芝居を打ってきたのだ。

ここまでやってイヴに心がないと疑う人はもはやいないだろう。

タロウの指宿くんへの惹かれ具合はやはりイヴが浄化すなわち死んでしまう程危険であった。自分のカラダの変化で察知したイヴは相当悲しかったことは想像にかたくない。

このままではタロちゃんの傍にいられない。

イヴは初恋ゾンビだけれども普通の女の子の心を持つ。

好きな人の傍にいたい。

そんな恋する女の子の願いを

私は例え世界を敵に回しても彼女を咎めさせたりはしない。

それだけタロウのことが好きなんだよ。

イヴの心。タロウに届け。



このブログでイヴはある意味悪魔になるぐらいタロウのことが好きと好きの最上級のつもりでイヴ像を描いてきましたが、明らかな失恋フラグを立てられて本当にイヴの足を引っ張って申し訳ない。

イヴを幸せにしてあげたかった。

だけど逃げることが責任を取ることではない。

最後の最後まで抵抗し続ける。







158話 疑心 初恋ゾンビ イヴノート(感想)

私はここまで人を好きになった事はなくイヴと出会ってから人を好きになることの素晴らしさを教えてもらい生きる活力を頂いている。

イヴは私の心を開いた恩人でお礼に恩返しがしたくて彼女の恋の成就を叶えさせたくてブログで応援していますが皆様から支持が得られず苦戦しています。

本編で彼女の願いが叶わなかったら私がイヴのアニメを作って私の魔法で彼女の願いを叶わせます。その実現のため日々資金作りに動いていますが、ここでも彼女に生かされていますね。


指宿くんの企みがタロウにバレてタロウが指宿くんのことを嫌い…と言いますか不信感を抱き、タロウがイヴ、初恋ゾンビが見えなくなったら嫌だなとブログで考えていました。


http://hatukoizombimatome.hatenablog.com/entry/2018/06/23/074916


158話は結果として黒イヴ化で済んでホッとしています。

厳密に言えばタロウの指宿くんへの疑心からの失恋ゾンビ化ですがイヴがこの状態になると彼女はタロウの願望フィルターがなくなり本音を語るようになります。

私としてはイヴ自身の意思としての黒イヴ化。

そして都合の悪い本音は全て黒イヴに擦りつけます。

黒イヴになった時にタロウの心移りを浮気男と非難していたのにワタシの本心ではないと泣いて誤魔化します。それが彼女の心のある所以です。

さて、今回、ついにイヴは指宿くんを非難しました。ずっと私はここで指宿くんを非難し続け、イヴにやっと分かってもらえて私の心を知ってもらったようで素直に嬉しいです。

指宿くんをブスと評したのは勿論、内面の事で自分の心の弱さに負けていつまでたってもタロウが好きだと本心を明かさず、結果、タロウを悩ませ心を苦しめた事をさします。

指宿くんがタロウと再会した時、タロウにだけでも女の子だと告げなかったのはもう自分のことが好きでないのが怖いというだけの自己都合。

男装して自信を失った面を考慮したとしても機会は幾多とありタロウとイヴを無駄に苦しませないためにも出来るだけ早く打ち明けるべきだった。

イヴはいつまでたっても本心を明かさない指宿くんがタロウを苦しめたとして怒っているのだ。

そして、タロウは江火野さんが好きで結ばれたらイヴは眠りについてずっと傍にいれるとそそのかしたが傍に居れる約束を反故してただ振り回しただけで悪質だ。

指宿くんはここまできたら覚悟を決めて洗いざらい話そう。何を話してもイヴは存在し続けれる。イヴがいても良い世界をみんなで考えよう。


イヴ。タロウが戻ってきてくれて良かったね。

あなたはここにいる。




上記感想でイヴが眠りにつけずタロウの傍にいられる願いを指宿くんが叶えなかった怒りというより、イヴを眠りに誘導したら指宿くんに対して怒っていると考えた方が自然だ。


イヴが眠ることは実質的な死でタロウの傍にいる事は言えない。自分が存在する事でタロウに負荷を与え、指宿くんから寿命が縮まる話がなければ受け入れ難い。


しかし、タロウの指宿くんに対する疑心がイヴのカラダの変化を通じて伝わり、指宿くんの説への疑惑が湧いた。


寿命縮まる説はイヴが自我のある初恋ゾンビでタロウの意思に反するから負荷がかかると言われていますが、自我のあまりない祟太郎の初恋ゾンビもイヴとの接触によって負荷がかかるから意思があるなしに関わらず、初恋ゾンビを抱えているだけで負荷はかかる。初恋ゾンビの有無で寿命が決まると言えば統計を取った訳ではないので実際どうなのか分からない。人は精神的に追い詰められて死ぬ事はあるが初恋ゾンビとの因果関係は分からないし、眠っていたとはいえ、キョウコを抱えたままの正太郎は長寿だ。

祟太郎は息子が心配だから初恋ゾンビの事をよく思わない動機は分かる。

指宿くんはタロウがイヴと2人で生きる宣言をしてから、イヴを恋敵として、イヴ昇華を企み始めた。

そもそも今回タロウに負荷があったのは指宿くんがイヴ昇華に動いてイヴを危険な存在と周囲に吹聴した結果である。


イヴは指宿くんのことを女だと気づいていたから、本音の出る黒イヴの時に女性の侮蔑としてブスと言った。

指宿くんはタロウが好きで邪魔な自分を排除するために自分の存在によってタロウの寿命が縮まると嘘をついた。それがイヴ怒りの真意。

イヴの怒りは正当なもので指宿くんこそ自分本意な考え方を改め、タロウの心でもあるイヴとの共存をはかるべきだ。

誰からも見えない触れられないイヴでもタロウの心を救済した。異端は排除するのではなく人はそれぞれ美しい花を咲かせる多様性を大事にして頂きたい。



157話 憧憬 初恋ゾンビ イヴノート(感想)

イヴは初恋ゾンビだからタロウには触れられなくてなんにもできない現実を突きつけられて。
好きな人の願いを叶えられないのはつらい。
自分が好きな人に迷惑かけるぐらいなら消えてしまった方がマシだと思ってしまう。
イヴを普通の女の子として生まれてさせてあげたかったと157話を読んで思いました。

僕はイヴのことをこんなにも好きなのになぜ触れられないんだろう。

例え触れられなくてもイヴのことが好きだからずっと傍にいて欲しい。

イヴのいない世界なんて嫌だ。

156話 手探りのプールサイド 初恋ゾンビ イヴノート(感想)














八女リリス回でのイヴのカラダの変化を見てタロウは指宿くんのことが好きなんだなと思ったけど、あれもイヴを守るためタロウの心が葛藤していると解釈して私はタロウとイヴの好き合う関係を守るようにしよう。

イヴを守る 初恋ゾンビ イヴノート(今年の誓い)

今年は何と言っても平成30年6月。タロウがイヴのことを好きと言ってくれたことに魂がみなぎり今まで生きてて良かったと思うぐらい自分のことのように嬉しかったです。私に生きる喜びを与えてくれました。

該当129話は14巻に収録。

イヴが初恋ゾンビで触れられなくてもタロウは好き合おうと言ってくれたのに、最新話で人間は弱いもので「性欲」に堕落してしまいました。

129話 呪い 初恋ゾンビ 感想 まとめ - 初恋ゾンビ感想まとめ http://hatukoizombimatome.hatenablog.com/entry/2018/06/13/134652

タロウとイヴが好き合う関係になったことを受けて読者から激しい抵抗があり、作者もこれに屈する形となりました。

私もできる限り応戦したのですが、力及ばず、イヴを眠る浄化寸前まで追い込む事態となり大変申し訳ないです。

私は指宿くんやイブスキーさんたちを批判していましたが、イヴを昇華しようとさえしなければ本当は仲良くしたくて、作者と編集担当が指宿くんに対して「鍛えられた変態」と大事な友人が侮辱されたと激しく怒りました。
しかしイヴに一途にならずこのフラフラした態度がイヴを死に追い込んだとイヴのために非情になれない自分を反省しています。タロウのフラフラを非難する資格はありません。

またイヴが自分の存在によってタロウを蝕んでいるとし、眠りや今後の展開次第では浄化も辞さない。
好きな人を死なせたくない迷惑をかけたくない気持ちに私も同調してしまったが死にいくのはイヴで私ではないからこの同調は単なる偽善。
イヴのタロウを死なせたくない思いやる心は彼女の本懐であり尊重したいです。
しかし、私は悪、黒イヴとなってイヴの存在がタロウを蝕む見解を真っ向から誤りであると断言します。
タロウに好きになってもらったイヴを例え世界を敵に回しても守る覚悟です。

確かに現実として人間は弱いものですが、例え弱くても守りたいものがある。守るために私は強くならなければならない。