初恋ゾンビ感想まとめ

初恋ゾンビ関係まとめてます

129話 呪い 初恋ゾンビ 理想の女の子 イヴノート 考察






イヴの成長について注目されてますので、追記
イヴは自分のことを見えて欲しい気持ちがあって、江火野さんに気持ちを傾けたタロウに嫉妬して悪寒を感じさせ、自分のせいでタロウにケガをさせたと思ったイヴは死んでしまったら悲しい無事でいて欲しい、タロウへの気持ちが高まって再びイヴが見えるようになったと考えています。イヴは気持ちが高まったら触れたりもできます。頭を打ったのはきっかけであってタロウとイヴがお互い会いたくなったのが原因。今後、頭を打つ機会は何度かありましたが、見えなくなる事はなかったです。生徒会ポスター貼りのアクシデントと同じですね。

イヴは生まれた時から自我を持ってタロウのことを想ってる子でタロウの彼女に相応しくなろうという好きな気持ちによって成長した姿で表れました。


初恋ゾンビは人が好きになるのを肯定してる作品なのでお互い好き同志なのに引き離すことはないと思います。イヴの成長が解明されてイヴがタロウのことを好きなのは初恋ゾンビだけではなく心から好きであるという証明をされて欲しいですね。

追記 一緒に考えた方がタロウと再会する前のイヴが孤独だったら可哀想と言ってて私もそう思ったので寂しい感覚は分からないとしましたが、再会後タロウに会えて喜んでいるイヴを見てたら、実は寂しくてタロウに会いたい気持ちが再び見えるようにしてくれたのかなと考え改めました。指宿くんが見えなくなるの反対してましたし。イヴの物語はタロウとの再会からでもいいのですが、生まれた時からイヴはずっとタロウと共に過ごして成長している物語にすれば他の登場人物と同じ人間の物語のようになり、悪魔と断じて消されることはなくなるのかなと思います。